借審査のあとは本審査があります

無料体験して欲しいと思ったら購入すればいいという商品を実際に体験してみると、
とても体にあっていることがわかり暫く続けて通ってみることにした。
価格は、何十万円と高額ですぐに手に入る商品ではないから財布と相談して決めなくてはならなかった。
しかし、自分が通っている無料体験会場が急遽閉鎖されることになり、少し離れた会場へ行くか、
もしくは商品購入という選択肢をすることになる。 カードローンを組み商品を手にする事を選んだ自分は、すぐにでも商品が欲しくなり 仮審査を急いで貰うことにして商品到着を待つことにした。 しかし、カードローンを中々組む事ができずヤキモキしていたら仮審査が通っていない事が判明した。 それは、夫が以前カードローンの支払いを滞っていた事がある為、仮審査がおりずリストに名前が上がっていたのだ。 直接現金を支払うか、保証人を変更しなくては手続きはできない。 必要な商品が目の前にあるから何か方法を必死になって考える。 なので私名義で申し込むことにした。 銀行系であれば収入証明書が不要でキャッシングできるので便利だ。